ニキビの治療


思春期にできる思春期ニキビから大人になってからできやすい大人ニキビまで、女性の体調やホルモンバランスの崩れによって起こりやすい肌トラブルの一つですが、ニキビができる原因はさまざまあります。
それは、ストレス、ホルモンバランス、過剰に発生してしまう皮脂、季節による乾燥、毛穴のつまりや不十分な洗顔やメイク落としにより発生した細菌によるもの、遺伝や睡眠不足と、私たちの日常生活でもごく普通に耳にするごく当たり前の生活習慣の中にニキビに繋がる原因は潜んでいます。

そのため、ニキビを予防するためには日々の正しいスキンケアがとても重要です。また、万が一出来てしまったニキビはそれ以上悪化させないように、且つ跡になりにくいように正しくケアしてあげることが美肌に繋がります。
また、もし必要であれば一般皮膚科や美容皮膚科など、皮膚専門医の診断を受けより効果的な治療を行うことが大切です。
皮膚科で行う施術には、ニキビの状態に合った外用薬の処方や体内から整えてニキビの改善を目指す内服薬の処方、毛穴のつまりを取り除き皮脂などが正常に排出される状態を作るケミカルピーリングや、アクネ菌の殺菌・ニキビ跡のケアなどに効果的とされるレーザー治療などがあります。